Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
PHAST手法研修
またまた研修に参加してきました。2月は研修月間です

2月28日から3月4日にかけて首都ワガドゥグで、隊員とそれぞれのカウンタ―パート(配属先の同僚)計29名で、PHAST手法Participatory Hygiene and Sanitation Transformation)についての研修を受けました。

PHAST手法とは参加型の啓発アプローチであるSARAR(以下の5つの基本原則の頭字語)を利用した公衆衛生分野での啓発手法です。


 S: Self-esteem

 A: Associative strengths

 R: Resourcefulness

 A: Action Planning

 R: Responsibility


SARARは、各個人の知識の変容を促すことから始まります。
新しい知識を得た個々人が自信と観察眼を持ち、コミュニティと力を合わせてコミュニティの問題点を分析・把握する
 → 問題点を解決するために計画を立て、責任を持ってそれを遂行していく
ことを目指しています。

今回の研修では、PHAST手法を利用した啓発シミュレーションを何度も行いました。

研修受講者は、衛生啓発の一連の流れを住民の立場にたって受け、その後それぞれが進行役にチャレンジしました。

こうしたシュミレーションを毎日行ったので、全員が能動的に参加し、様々な意見をぶつかり合わせる活気のある研修となりました。


PHAST手法では住民の気付きを促す為に絵を使用します。

第一段階では、様々な衛生状態を描いたおよそ40枚の絵を住民に見せ、その絵の内容について話してもらったり、病気の感染経路について考えてもらったりします。


以下の写真は、病気の感染経路とその予防策について、参加者が絵を並べている場面です。


 

第二段階では、例えば「井戸から水を汲む」等公衆衛生に関連した同じ種類の行動を表した三つの絵を提示し、それらの中で最も衛生的な方法から不衛生な方法までを、話し合ってもらいながら順位をつけていく作業を行いました。

こうした絵を用いた啓発は
住民への一方的な啓発ではなく、参加住民と進行役とのやり取りによって進められ、住民の主体性に重きを置いています。
絵を見て考えたり、それを並べてストーリーを作ることにより、参加者が衛生的な行動と不衛生な行動とを具体的にイメージできるようになります。

上記のような長所はありますが、同時に短所として、村人や子どもは絵を見てもそれが何を表しているか分からない場合があるのではないかと思いました。
例えば、壁と天井で囲われているトイレを見たことがない人は、外壁だけの絵を見てもそれがトイレだとは気がつかないでしょう。
また、集まった住民全員に積極的に参加してもらう事もなかなか難しいと思います。

今回の研修で学んだPHAST手法は、女性グループと一緒に女性や村落部を対象とした衛生・栄養教育を行う際に活用していこうと思っています。

また学校菜園・環境教育プロジェクトの中でも使用していく予定です

posted by: ゆきブリジ | 協力隊 活動 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 15:00 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://yukisaso.jugem.jp/trackback/29
トラックバック